商談の決定事項やチームのミーティング後に発生した、次にやらなければならないことを"タスク"とし担当者と期限を含め、ファイル詳細画面に記録することができます。


操作手順 (タスクを作成する)

1.ファイル詳細画面右側のタスクタブをクリックすると、下部にタスク入力欄が出てきますのでタスク内容を入力してください。



2.タスクの内容を記述し、期日を指定します。




3. 2の入力ができましたら、担当者を指定し、タスクを作成を押下ます。

※ 宛先に指定できるのは、予めファイル共有をしているユーザーとチームメンバーのみです。
※ 宛先に指定したユーザー全員に通知メールが送信されます。

タスクが設定されると担当者全員にメールで通知が届き、タスク欄にも表示されるのでチームで管理が可能です。

4. タスクが完成します。






操作手順 (タスクを完了する)

タスクを請け負った方は、タスクを実行したら[完了]ボタンを押しましょう。
これでタスクの完了を関係者全員に知らせることができます。


期限内にタスクが実行できたのか、残りのタスクがどれくらいあるのか可視化することができます。


「完了しました」というコメントだけでなく、タスク依頼者に向けたコメントや、タスクを実行した際のメモを残す等の使い方もおすすめです。

完了したタスクはグレーに表示され、依頼者に完了通知がメールで送信されます。


回答が見つかりましたか?