・タスクの依頼者も確認したい…
・自分が担当のタスクだけを表示したい…
・対象品番のタスクの数を確認したい…

そのような時に便利なのがカラム調整機能フィルタリング機能です。

カラム調整機能

右側にある丸いマークをクリックすると、ブランド名、商品名、品番、依頼者、担当者が選択できるポップアップが出てきます。

タイトルを選択すると、チェックマークが付いている項目(列)が表示されるようになっています。
四角いボックスの上をクリックすることでチェックマークの取り外しが可能です。


フィルタリング機能

右側にある逆三角形のマークをクリックすると、各項目のフィルタをかけることができます。



項目の右脇にある、逆三角マークをクリックするとフィルタをかけたい項目リストが表示されます。

例えば、担当者から自分のユーザー名のみを選択すると、フィルタがかかり、自分が担当のタスクのみを表示させることが可能です。





回答が見つかりましたか?