2020年6月10日(水曜日)にリリースする機能は下記6点です。

今週のリリースに関するご感想をぜひ下記フォームよりお聞かせください。

1.病名検索時に完全一致する病名が検索結果の最上部に表示されるよう変更

「傷病名」や「既往歴」の病名検索時に、完全一致する傷病名は検索結果の最上位に表示されるよう変更します。なお、それ以外の病名は五十音順で表示されます。

💡注意事項

2020年6月11日現在、一部の傷病名において、完全一致する場合でも検索結果の最上位に表示されない状態が見られております。

弊社にて対応を進めておりますが、本件の解消までお時間がかかりますことご承知いただけますと幸いです。
 

[改修前]

[改修後]


2.傷病名の「転帰日」に不正な日付が入力されるとエラーが表示されるよう変更

傷病名の転帰を記載する際、「転帰日」欄に下記画像のように手入力で不正な数値(桁数が異なったり、カレンダーを選択した際に表示できないような値が入力されている数値)が入力された場合、これまではエラーにより病名が削除されてしまう不具合が生じていました。

本改修にて、転帰日に不正な日付が入力された場合は画面上に「エラー」表示を行い、転帰を入力する前の状態に戻るよう修正いたしました。

[エラー発生時]

 

 

3.症状詳記を更新する際、その診療月に有効な保険組み合わせが選択されていなければ更新できないよう修正

症状詳記の複製時、複製先の診療月では保険組み合わせが無効になっている場合があります。今まではそのような場合でも症状詳記の編集・更新が可能となっていましたが、本改修にてその診療月に有効な保険組み合わせが存在していない場合は症状詳記の更新ボタンが押せないよう修正しました。

 
 

4.Google Chrome ver.83にてブラウザを縮小表示するとカルテ画面のセットが2列表示になる件を解消

Google Chromeのバージョンアップデートに伴い、最新版(ver.83)のGoogle Chromeにてブラウザを縮小すると、カルテ画面のセットが普段の3列表示から2列表示になっておりました。本改修にて、最新版(ver.83)のGoogle Chromeにてブラウザを縮小してもカルテ画面のセットが3列のまま表示されるよう修正します。

 

 

5.シェーマ未選択時の描画可能な領域を広げるよう修正

シェーマ未選択時、白紙状態での描画可能範囲を広げるよう修正を行います。

 

 

6.診療行為画面のオーダーにて、金額で表記すべき労災保険の診療行為マスタの表記が正しくなるよう変更

労災保険の「再診料」など、本来「金額」表記が必要な診療行為マスタの単位が「点」となっていました。本改修にて、金額で表記すべきマスタの単位を「円」に変更します。

 
 

以上になります。

回答が見つかりましたか?