2020年8月12日(水曜日)にリリースする機能は下記3点です。

今週のリリースに関するご感想をぜひ下記フォームよりお聞かせください。

1.カルテの処置・行為欄上部に「検査依頼」ボタンを配置し、カルテ単位で
検査依頼ができるよう機能追加

カルテの処置・行為欄上部に「検査依頼」ボタンを配置いたします。

これまで外注で検査依頼をする際、同日に検査を依頼した患者一覧の中から該当患者を選択し検査依頼をする必要がありましたが、本改修にて、該当患者を選択することなく、現在編集中のカルテ単位で検査依頼ができるよう機能追加いたします。

詳細な検査依頼方法はヘルプページをご確認ください。

※外注での検査依頼設定をされている場合にご利用いただける機能となります。

※従来のカルテ画面上部「検査」タブからの検査依頼も引き続きご利用可能です。

2.カルテ画面上部「検査」タブから「検査依頼」をクリックした際、すぐに
検査依頼画面を表示し、ローディング表示を行うように修正

これまでカルテ画面上部「検査」タブの「検査依頼」をクリック後、検査依頼画面が表示されるまで2〜3秒の時間を要し、また、表示する間に再度「検査依頼」をクリックされた場合に患者様情報が初期化されてしまう事象が発生しておりました。本改修にて、「検査」タブの「検査依頼」をクリック後、すぐに検査依頼画面を表示し、ローディング中はローディング表示を行うよう修正いたします。

「検査依頼」をご利用の際は、複数回クリックしないようご注意ください。

3.文書雛形作成時の日付の判定処理を日本時間とずれが生じないように修正

文書雛形を作成する際、文書作成年月日、患者年齢の日付の判定処理が日本時間ではなくUTC(協定世界時)で処理されており、日本時間の午前0時〜9時に文書のダウンロード操作を行った場合は前日の日付として処理されていました。

本改修にて日付の判定処理を日本時間とずれが生じないよう修正いたします。


以上になります。

回答が見つかりましたか?