オンライン診療実施後、患者は薬局に出向かなくてもオンラインで服薬指導を受けて薬剤を自宅へ郵送してもらい、受け取ることができます。

オンライン服薬指導を患者が希望した場合の医療機関の対応は以下の2通りとなります。

・薬局へ処方箋をFAXする方法

・CLINICSアプリに処方箋データをアップロードする方法

本ヘルプページでは、「CLINICSアプリに処方箋データをアップロードする方法」についてご説明します。

▼処方箋アップロード経由でのオンライン服薬指導の流れ

(1)患者アプリへ処方箋データをアップロードする

(2)患者がオンライン服薬指導を予約する

(3)処方箋原本を郵送し、ステータスを「原本郵送済み」に変更する」

(1)患者アプリへ処方箋データをアップロードする

■処方箋送信設定を行う

診察詳細画面上部にある「処方箋送信設定」をクリックします。

「処方箋送信設定」ポップアップが表示されるので「確認事項」を確認のうえ「設定」をクリックします。

診察詳細画面上部にある「処方箋送信設定:送信待ち」をクリックします。

■処方箋データを患者に送信する

▼スキャナーを使わずにスマートフォンやタブレット端末で撮影して送る

操作方法は【オンライン診療】QRコードで処方箋を追加するをご参照ください。

▼スキャナーを使ってPCに取り込んだデータを送る

はじめにPCにスキャンした処方箋データを取り込みます。

詳細画面にて「処方箋登録フォーム」から「処方箋を追加」をクリックします。

アップロードしたい処方箋データを赤枠で囲ったエリアにドラッグ&ドロップ、または「ファイルを選択する」をクリックしアップロードしたい処方箋データを選択します。

アップロードするファイルを選択すると、以下のような画面になります。選択した処方箋データが正しいか確認する場合は、ファイル名の横にあるアイコンをクリックします。正しい処方箋データが選択できていることを確認したら「送信確認」をクリックします。

💡参考:処方箋データの確認について

ファイル名の横にあるアイコンもしくは「編集」にて選択した処方箋データが参照できるので、正しい処方箋データか目視確認をします。万が一、正しくないファイルを選択していた場合は「削除」をクリックしてファイルを削除し、もう一度正しいファイルを選択してください。

確認ポップアップが開くので、内容を確認し「送信」をクリックします。

管理ステータスが「送信済」になったことを確認します。

(2)患者がオンライン服薬指導を予約する

処方箋のアップロードが完了すると、患者へ通知が送られます。患者はアプリより薬局を検索し、届いた処方箋を使ってオンライン服薬指導の予約を行うことができるようになります。

(弊社Pharmsをご契約いただいている薬局が対象です)

💡補足:患者へ届く通知内容

💡患者の予約操作画面

患者がオンライン服薬指導を予約する方法についてはヘルプページをご参照ください。

(3)処方箋原本を郵送し、ステータスを「原本郵送済み」に変更する」

患者がオンライン服薬指導の予約を行い、薬局が処方箋データを受け付けると医療機関へ通知が送られます。

そのまま通知メッセージをクリックするか、「処方箋送信管理」画面を開き、管理ステータスが「原本送付待ち」となっているデータを開きます。患者がオンライン服薬指導の申し込みを行った薬局情報を参照し、「薬局連絡先」に記載された住所宛に処方箋の原本を発送します。

処方箋の原本発送が完了したら、管理ステータス脇の▼をクリックし「原本発送済へ切り替え」をクリックします。

管理ステータスが「原本発送済」となったことを確認します。

回答が見つかりましたか?