2022年11月16日(水)にリリースする機能は下記5点です。

今週のカルテリリースに関するご感想をぜひ下記フォームよりお聞かせください。

1.傷病名追加の際の開始日に自動挿入される日付の修正

これまで、傷病名追加の際に開始日に自動挿入される日付を「カルテを操作している日」としていましたが、「現在開いているカルテの診察日」に変更いたします。

これにより、過去日のカルテの傷病名登録時に開始日を指定し直す必要がなくなります。

※未来日のカルテに関しては、今まで通り「カルテを操作している日」が自動挿入されます。

【リリース前】

(例:11月10日に10月20日のカルテに傷病名を追加した場合)

【リリース後】

2.分析画面における初再診数の集計方法の修正

これまで1つの診察に対して複数のカルテが作成された(分点)場合、カルテのタブ分初再診件数をカウントしていたため、診察数と合致しない状態でしたが、

正しくカウントするように修正いたします。

3.所得者情報入力画面の修正

これまで所得者情報入力画面にて、「標準負担額減額開始日」や「長期入院該当年月日」の入力項目がございましたが、

入院に関連する情報をCLINICSカルテご利用の医療機関様は入力することが無いため、項目を削除いたします。

【リリース前】

【リリース後】

4.リハビリテーション開始日が2015年4月1日〜2020年3月31日の場合の疾患名コメント入力方法の修正

これまで、該当期間の疾患名のコメント入力は、「疾患名(〇〇リハビリテーション料): 〇〇」ではなく、空欄のもの(スペース)をご利用いただき、「〇〇(疾患名)」とご入力いただくようご案内しており、分かりづらい状態でしたが、

「疾患名(リハビリテーション料)※2015年4月1日〜2020年3月31日」をご利用できるよう修正いたしました。

「疾患名」で検索>「疾患名(リハビリテーション料)※2015年4月1日〜2020年3月31日」をご利用いただき、「〇〇(疾患名)」とご入力ください。

【リリース前】

【リリース後】

詳細な手順はヘルプページをご確認ください。

【カルテ】リハビリテーション開始日を過去日に遡って入力する方法

5.薬剤情報の薬剤名表記の修正

一部の薬剤において、薬剤情報に薬剤名が表記されない不具合がございましたが、

薬剤名が表記されるように修正いたします。

【リリース前】

【リリース後】

以上になります。

回答が見つかりましたか?