面接にあたっては、以下2点を特に注意してください。

転職意欲があっても、業務委託を経た上で転職を検討している

求職者のプロフィール上で、転職意欲があっても、大多数の方が業務委託を経た上で判断したいと考えています。本人からの希望がない限りは、いきなりの転職を想定した面接を実施するのは控えましょう。

「業務を開始して1ヶ月たったタイミングで、お互いが良いなと思えたら転職を検討していただければと考えています。◯◯さんはどのようにお考えでしょうか?」といった形で、転職の温度感を探りながら確認を行っていくことをおすすめします。

面接終了後2日以内にオファーを出す

採用したいと判断した方には、面接の場か、遅くとも面接終了後の2日以内にオファーを出すようにしましょう。7割以上の確率で、求職者は最初にオファーを受けた企業の仕事をお受けになります。他社の選考を受けていることがほとんどですので、辞退をされないためにもなるべく早くオファーを出すことをおすすめします。

会社の制度や稟議の問題ですぐオファーを出すことが難しい場合でも、前向きに検討していることや、オファーを出すために動いているのでぜひ待っていて欲しい、といったメッセージを送り、確実に自社のオファーを受けてもらえるよう動いていていきましょう。

回答が見つかりましたか?