コデアルでは、求職者と・採用企業が円滑・安全に契約を結ぶために、コデアル標準テンプレートで、契約書の作成・締結まで行うことができる機能を備えています。多くの企業がこの機能を使って契約締結・更新を進めます。

大きな流れは以下のようになります。

求職者・採用企業間での契約の調整を行います
採用企業とのメッセージスレッドや、ビデオ通話などで契約の内容についての確認を行います。

  • 契約開始日
  • 契約終了日
  • 毎月の報酬金額(税別)※1時間ごとの単価になります。
  • 果たす役割


以上が決まった時点、もしくは確認と並行して契約書の作成を行います。このとき求職者が契約のための氏名・住所を登録していない場合は企業側から入力リクエストメールが届きます。メールを受け取った場合は速やかに入力してください。

契約書の確認・押印を行います
契約書を作成後、確認・押印依頼がコデアルに登録されたE-mailアドレス宛てに届きます。このメールのリンクからクラウドサイン上で契約書の確認と、押印を行います。求職者の押印後、企業側にその旨が通知され、契約締結となります。

なお、できればCODEALに登録しているE-mailアドレスでクラウドサインのアカウントを作成するようにしてください。過去の履歴をクラウドサイン上で確認することが可能となります。


更新について
契約満了日の14日前になると、コデアルからリマインドメールが送られます。企業側と契約内容を確認し、新しい契約書を作成してください。

なお、コデアルの契約締結機能を利用しない採用企業も存在します。この場合は企業ごとにプロセスが異なりますので採用担当者様にご確認ください。

回答が見つかりましたか?