コデアルクラス(役割の基準)とは、働くときの役割です。

働くときの多くが、ひとりではありません。
さまざまな役割が存在しています。
主に、①〜⑤のコデアルクラス(役割の基準)があります。


コデアルは「働くひと」と「企業」が、“役割の認識” をあわせることで、円滑に楽しく働けると考えています。

また、個人のライフステージ(転職、結婚、出産、育児、転居、介護など)によって、役割を変えて働きたい場合もあると思います。企業側から求められる役割と、個人の意向である役割を共に理解を高めるために。

コデアルクラス(役割の基準)を設定し、役割を果たすことで、#働くをもっと自由に を 実現できるひとが増えていくと考えています。


<コデアルクラス(役割の基準)の設定について>
■メリットは?
・企業側が働くあなたに任せたい役割を理解し、スカウトが届くようになります。
・経歴上でコデアルクラス(役割の基準)を設定することで、働くあなたの“役割の履歴” が企業へのアピールにつながります。
・より大きな役割を担う際、役割を明確にすることで、報酬の交渉にもつながります。


■デメリットは?
・働くあなたと企業側で、役割の認識がズレてしまう場合もあります。ズレをなくすために コデアルクラス(役割の基準)があります。自己認識、他者認識を客観的に捉える手段としてご利用ください。

回答が見つかりましたか?