コデアルクラス(役割の基準)とは、働くときの役割です。
「企業」 と「働くひと」 のミスマッチを防ぐため
役割の認識をあわせるツールです。

主に、①〜⑤のコデアルクラス(役割の基準)があります。
コデアルに登録されている即戦力IT人材は
コデアルクラス(役割の基準)「3」以上が中心で

エンジニア・デザイナー・マーケッターの登録が80%以上です。

コデアルクラス(役割の基準)で、それぞれの役割を果たせるひとが活躍することで、業務が円滑に進み、事業拡大につながると考えています。


<コデアルクラス(役割の基準)の設定について>
メリットは?
・コデアルクラス(役割の基準)は、働くひとに役割を任せられる幅を決める“ものさし”になります。
・働くひとのコデアルクラス(役割の基準)を確認し、希望の役割にあった人材をスカウトできます。コデアルのスカウト返信率は40%以上です。


デメリットは?
・企業側と働くひとで、役割の認識がズレてしまう場合もあります。ズレをなくすために、コデアルクラス(役割の基準)があります。企業側の認識、働くひと側の認識を客観的に捉える手段としてもご利用ください。

詳しくは、右下にある吹き出しアイコンから、お問い合わせください。

回答が見つかりましたか?