こちらの記事では、ワクチン接種予約を目的とした事業者様向けに、

2回目以降の接種予約方法をご案内します。

①1回目接種も2回目以降の接種も予約者自身で予約を取る方法

《パターン 1 》

予約ページは1つで作成し、一度の予約で接種する日数分の日程を取っていただく

▽設定方法

弊社にて複数日程選択の設定が必要です。

対象の予約ページタイトルをお問い合わせフォームまでご連絡ください。

《パターン 2 》

1回目接種用/2回目接種用/3回目接種用...のように予約ページを分けて作成し、

1回目接種が終わった方に2回目接種用の予約ページURLを、

2回目接種が終わった方に3回目接種用の予約ページURLをご案内する

▽設定方法

2回目接種用以降の予約ページにパスワードを設定し、接種が終わった方にのみに次回接種分のページURLとパスワードをご案内してください。

パスワードの設定方法はこちら

②1回目接種は予約者自身で予約、2回目以降の接種は管理者側で予約日を指定して登録する方法

▽設定方法

・①の《パターン 2 》と同様に予約ページを分けて作成し、2回目以降の予約ページにパスワードを設定する

(ここで、2回目以降の予約ページURLやパスワードは予約者にはご案内しないことで、管理者側でしか予約が取れないようにする)

・2回目以降の接種予約を「予約台帳へ記入する」から管理者側で予約を入れていただく

操作方法はこちら

◆関連◆

【ワクチン接種予約】運用マニュアル.pdf

回答が見つかりましたか?