ドキュメントを開き、「閲覧専用」ボタンをクリックすることで編集が可能です。

各ボタンの説明

◆テキストの入力と見出し

入力する行を選択したあとに、エディタ上部のメニュータブ左側にあるプルダウンから標準テキストまたは見出しを選択します。

見出しは(大)(中)(小)と選択することができ、それぞれh1、h2、h3タグが自動的に反映し、テキストを入力することができます。


先にテキストを入力したあとに、該当の行を全選択してから見出しサイズに切り替えることも可能です。

◆文字サイズ

文字サイズは(小)(標準)(大)(特大)から選んで入力することができます。

◆太字

入力した文字を太字にすることができます。

◆斜体

文字を斜めにします。

◆下線

文字にアンダーバーを表示させます。

◆打ち消し線

文字に打ち消し線を表示させます。

◆インラインコード

設定するためには、対象のテキストを次のように囲みます。

◆テキストの色

テキストの色を選択することができます。

◆書式をクリア

テキストの書式が全てクリアになります。
標準テキスト、文字サイズは標準、色は黒になります。

選択したテキストの列を左揃え、中央揃え、右揃えにします。

◆順番付きリスト

テキストの頭に数字が付いたリストを作成します。

◆箇条書きリスト

テキストの頭に点が付いたリストを作成します。

◆チェックリスト

テキストの頭にチェックボックスが付いたリストが作成され、チェックマークをつけると打ち消し線が表示されます。

◆リンクを挿入

テキストにリンクを設定することができます。
リンクを貼りたいテキストを選択し、リンク先のURLを貼り付けます。

◆画像を挿入

画像を挿入したい位置にカーソルを合わせてボタンをクリックすることで、ローカルに保存されているファイルから画像データを選択し、アップロードさせることができます。


画像はひだ左端・中央・右端に移動させることができ、サイズの縮小拡大も、縁をドラッグすることで調整することができます。

ドラッグ・アンド・ドロップでアップロード

アップロードしたい画像ファイルを、マウスの左ボタンを押しながら移動させ、移動先で左ボタンを離します。

◆区切り線を挿入

エディタ内に区切り線を挿入します。

◆引用

文字の背景色がグレーアウトされて、引用表示されます。

◆閲覧モードにする

エディタの編集ができない状態となります。

◆校正する

校正を行いたい部分を選択し、校正ボタンをクリックし、代わりに提案したい文言を入力します。

修正箇所を再度クリックすると、校正を承認または却下を選択することができ、承認をクリックすること文言は変更され、却下をクリックすると元の文言で保存されます。

◆ドキュメントリンクの挿入

エディタ内に他の記事リンクを挿入することで、オブジェクト形式のドキュメントリンクが挿入されます。

ペーストされたリンクには、記事のタイトルと更新日時の表示がされます。

回答が見つかりましたか?