「初稿」「修正対応」「チェック済み」など、文書のバージョンを明確に記録したい場合は、バージョンが便利です

バージョンの一覧を確認

右上の「バージョン」アイコンをクリックすると、バージョン一覧が確認できるポップアップが表示されます

バージョンの新規作成

バージョンポップアップ右上の、「最新版からバージョン作成」ボタンをクリックします

クリックすると、バージョン名の入力画面に変わります。

バージョンを識別しやすい名前を入力して、作成ボタンをクリックすると、バージョンが作成されます。

バージョン名の入力は任意です。バージョン名を空欄で作成すると「バージョン1」のようにバージョン + 番号の名前が自動で付けられます。

作成したバージョンの確認

作成したバージョンは左の欄に一覧表示されます。

バージョン名をクリックすると、内容も切り替わります。

バージョン名の変更

バージョン名を作成後に変更したい場合は、変更したいバージョンを選択後、右の欄上部のバージョン名が表示されている部分をクリックしてください

バージョン名をクリックすると入力欄に変わります

入力完了後、Enterキーを押下する・欄外をクリックすると、変更が完了します。

バージョンの操作

指定したバージョンを操作できます。

操作ボタンは、バージョンの詳細欄上部のタイトルの右にあります。

このバージョンに復元する

指定したバージョンの内容に、最新版を上書きします。

バージョンを削除

バージョンを削除します。

バージョンを削除しても右側の自動採番のバージョン番号は変化しませんのでご注意ください。

例)バージョン v3を削除して、新しくバージョンを作るとv4となります。

削除したバージョンの復元はできかねますのでご了承ください。

バージョン間の差分の確認

どのように文章が変更されたか、1つ前のバージョンと差分を比較できます。

一番新しいバージョンは、最新版と比較されます。

ポップアップ右上の「差分を表示」ボタンを押すと、差分が表示されます。

追加が緑背景、削除が赤背景で表示されます。

注意点

  • 1ドキュメントに作成できるバージョンは10件までです
  • バージョンを作成・削除すると、チャットツールまたはメールで通知されます
回答が見つかりましたか?