ゴミ箱機能はうっかりドキュメント・フォルダを削除した時でも速やかに復元できるよう、まずゴミ箱に移動し、ゴミ箱から完全に削除することでドキュメントを削除する機能です。

操作方法

ドキュメント・フォルダを削除すると、まずゴミ箱に移動されます。

ゴミ箱に移動されたドキュメントは検索の対象から外れ、アクセスすることもできなくなります。

ゴミ箱をクリックすると、ゴミ箱に移動されたドキュメント・フォルダが一覧表示されます。

 ・自分にアクセス権限がないドキュメント・フォルダは表示されません。

 ・ドキュメント、フォルダの中身は閲覧できません。

完全削除・復元

ゴミ箱に入ったドキュメント・フォルダの操作はOwner権限は復元と削除(完全に削除)、Admin、Member権限は復元のみが可能です。

ゴミ箱に入ったドキュメント、フォルダはゴミ箱移動後30日後に自動的に削除されます。ゴミ箱に移動した時点で更新日時がアップデートされますので、そちらの情報をご参照ください。

ゴミ箱から復元すると、元々格納されていた場所に復元されます。ただし、復元先のフォルダが既に存在しない場合、ホームに復元されます。

ゴミ箱から削除されたドキュメント・フォルダは二度と復元できませんのでご注意ください。

容量の扱い

ゴミ箱に入っているドキュメントはご利用の容量に含まれます。ご利用の容量を減らす場合、ゴミ箱から完全に削除いただくようお願いいたします。

回答が見つかりましたか?