敷地内に設置されている共用灯の確認を必ず行います。

ギグベース(株)請負契約のお仕事で取り扱う「巡回清掃」のお仕事では、物件敷地内の共用灯が正しく点灯するかの確認が含まれます。

共用灯の点灯確認を行った上で点灯しない場合には、可能な限り現地での共用灯交換をお願いしています。

もし現地での交換が難しい場合には、共用灯が物件のどの場所の電球なのかを明確に記したうえでレポートで報告します。

共用灯の交換を行う場合、下記に注意して行ってください。

①正しい管球を使用しているか

②グローランプ(点灯管)が切れていないか

なお、共用灯交換のために購入した管球・グローランプ(点灯管)については、クライアントへ費用を請求することができます。

ギグベース(株)請負窓口から申請方法について個別に案内させていただきますので、その案内に沿って、領収書・レシートを提出してください。

回答が見つかりましたか?