Kibelaのユーザーは、オーナー・管理者・メンバー・ゲストのいずれかの役割を持っています。メンバーが最も一般的な権限で、管理者、オーナーの順に権限が強くなります。それぞれの役割に人数制限はありません。オーナーを含めて、役割ごとに何人でも設定できます。

なお、管理者とオーナーにのみ許される機能を「管理者機能」、それらを実行する権限を「管理者権限」と呼ぶことがあります。

オーナー

最も強い権限をもつ役割です。オーナーは次の操作が可能になります。

  • メンバー管理(招待、削除、全メンバーの権限変更)
  • SSOの設定
  • 支払情報の設定
  • インポート
  • エクスポート
  • チームの削除
  • チーム名の変更

なお、オーナーであっても、自分が所属していない非公開Groupの記事は閲覧もエクスポートもできません。また、支払情報については、クレジットカードの下四桁以外の情報は閲覧できません。

チームを作成したユーザーにはオーナーが最初から設定されています。オーナーはチームに少なくとも一人は必要です。

もし退職などの理由で、オーナーが不在になった場合はサポートまでご連絡ください。サポートチームが指定されたユーザーを新しいオーナーに設定します。ただしこのようなことを避けるために、常に2人以上をオーナーに指定することをおすすめします。

管理者

メンバーとコンテンツの管理を担う役割で、オーナーよりも弱い管理権限を持ち、次の操作が可能です。

  • メンバー管理(招待、削除、管理者及びメンバーの権限変更)
  • インポート

将来的には、管理者はコンテンツの管理(任意のBlogやコメントの削除など)も可能にする予定です。

オーナーは強い権限を持っているためなるべく少人数にし、頻繁に利用するメンバー管理は、複数の管理者に移譲することをおすすめします。

メンバー

メンバーは特別な権限を持たない役割です。設定画面においては、次の操作が可能です。

  • Webhookの設定
  • Wikiテンプレート管理
  • 外部共有中記事の一覧表示

また上記に加え、メンバー自身が加入している非公開Groupの管理も可能です。

ゲスト

ゲストはアクセスが制限されたユーザーです。詳細はゲストをご覧ください。

Did this answer your question?