KibelaにはGroupという機能があり、記事のグループ分けができるようになっています。

非公開Groupは、Groupに閲覧制限をかけて、限られたメンバーだけに記事を公開する機能です。記事の投稿先を非公開Groupすると、その記事へのアクセスが制限されます。

非公開Groupの管理方法

Groupを作るときに「非公開Group」にチェックを入れてください。

Groupを作ったユーザは自動的にその非公開Groupのメンバーになります。Groupのメンバーを閲覧・編集は、Groupのメニューの「メンバー」からできます。

非公開Groupに所属するメンバーのみ可能な操作

  • 所属Groupへの記事の投稿、投稿された記事の閲覧
  • 所属Groupへのメンバー追加と削除
  • 所属Groupの削除

非公開Groupに所属しないメンバーが可能な操作

  • 非公開Groupの名前の確認
  • 非公開Groupに誰が所属しているかの確認

なお、Group作成後は公開/非公開の切り替えはできません。これは、誤操作による事故を防止するためです。
Group削除時には、他のGroupに記事移動ができますので、切り替えが必要な場合は、Groupを一旦削除し新規作成をお願いします。

非公開Groupのアクセス制限について

非公開Groupに投稿された記事、およびそれらに対するコメントは、そのGroupの所属メンバーのみがアクセスできます。

公開Groupと非公開Group両方に対して投稿した記事について

記事を公開Groupと非公開Group両方に対して投稿すると、その記事は全てのメンバーが閲覧できる状態になります。

Webhookによる投稿通知について

非公開Groupに投稿された記事は、以下のようにWebhook通知されます。

  • Webhookの設定時に、非公開Groupを指定したときのみ、投稿通知が行われます
  • 非公開Groupを指定したWebhookは、その非公開Groupに所属するメンバーのみ設定・変更できます
  • 非公開Groupに対してWebhookが設定されていることは、どのメンバーでも確認できます

なお、Webhookの通知先に、SlackのPublic Channelのような誰でも閲覧できる場所を指定してしまうと、意図しない範囲に記事が通知される場合がございます。
非公開Groupを指定したWebhook設定時には、テスト投稿を行って動作確認することをおすすめします。

注意事項

  • 非公開Groupの名前と所属メンバーは公開情報です
  • アップロードした画像は乱数により予測できないURLになりますが、現在のところアクセス制限の対象になりません
  • オーナーや管理者であっても所属していない非公開Groupの記事は閲覧できません
Did this answer your question?