迷惑メール対策(SPF設定/DNSレコード編集)とは

送信したメールが迷惑メールとして認識されないようにするための設定

のことを意味します。

アイセールスでは、迷惑メール対策をせずとも、送信サーバーであるSendGridの信用により「なりすましメール」と判定されにくくなってはいますが、迷惑メール対策をすることでさらに信用度を高めることができます。

こちらからメールを送信すると、相手方の受信用メールサーバーは、そのメールが本人からのものであるか(なりすましメールでないか)を、こちら側の送信用メールサーバーのIPアドレスを基準に検査します。

その際、IPアドレスの照合をDNSサーバーで行いますが、ここにアイセールスのDNSレコードを設定登録していない場合、なりすましメールと判断され、メールが弾かれてしまう可能性があります。

そこで、事前にDNSサーバーにアイセールスのメール送信サーバーのIPアドレスを登録しておくことで、なりすましメールだと判断されることを防ぎます。

これが、迷惑メール対策(SPF設定/DNSレコード編集)です。

DNSレコード
v=spf1 +ip4:18.223.39.224 include:spf.mk6-robo.com ~all

DNSサーバーにアイセールスのDNSレコードを登録していない場合

迷惑メール対策の具体的な手順は、以下の記事をご参照ください。

【初期設定】SPF設定/トラッキング設定

ただ、迷惑メール対策を行ったからといって、全てのメールが確実に相手に届くとは限らないということはご認識ください。

SPF設定は、ある意味、受信側のメールサーバーに対する本人確認証のような役割を果たしますが、例えば一度に100万通ものメールが送信された場合、受信側のメールサーバーは送信側のサーバーを「怪しいサーバー」と認識し、受信を拒否することもあります。

※100万通というのはあくまで例です。

また、受信側のメールサーバーのセキュリティが固い場合、迷惑メール対策をしていても、迷惑メールと認定されるケースもあります。

このことは、アイセールスに限らず、全てのメール一斉送信システムが該当します。

どうしても相手に届けたいメールの場合は、受信拒否された相手に対して、通常のメールで個別に送信されることをお勧めします。

回答が見つかりましたか?