このマニュアルでは名刺データの一括インポートの手順について詳しく説明しています。

名刺データをインポートしてi:Sales内で連絡先として利用するためには以下の3ステップございます

①名刺データの整理(Excel)

②見込顧客項目・見込み顧客グループの設定・確認

③i:Sales内へのインポート

順を追ってご説明いたします😊

①名刺データの整理

はじめに、i:Salesへインポートするための名刺データの整理(Excelで作業)から始めましょう!まずは動画をご覧ください!

雛形ダウンロードはこちらから

これで、i:Salesに取り込むためのファイルが完成しました。

作業の2/3は完了です!

②見込顧客項目・見込み顧客グループの設定・確認

次に、データをi:salesに取り込むためのi:Salesの設定の準備を行います。

行うことは大きく分けて

1.見込顧客グループの確認・作成

2.見込顧客項目の確認・作成 

の二つです。

①見込顧客グループの確認・作成

見込み顧客グループは、取り込む名刺データを入れておく箱やグループのことです。

今回取り込む名刺データも、グループに入れたいので 作成をします。

「見込み顧客設定」→「見込顧客グループ」

「新規作成」をクリック

名前(例)名刺取り込み<210818>

これで見込顧客グループの作成は完了です!

②見込顧客項目の確認・作成

デフォルトで設定されている項目や、雛形に入っている項目の他に 見込み顧客の項目として設定したいものがあれば ここで追加を行います。

「設定」→「見込顧客項目設定」

「ラベル」には項目名を入れます(例)電話番号

「データタイプ」は項目の形式に合わせて選択します。

最後に、「保存して閉じる」を押したら完成です♪

③i:Sales内へのインポート

いよいよ、i:Sales内へのインポートを行います!

「見込み顧客設定」→「名刺データ取り込み」をクリック

「ファイルを選択」→PC内のデータを選択します(作成・整理した名刺データファイル)

※エラーが出てしまいインポートができない場合はこちらのマニュアルをご参考くださいませ

https://intercom.help/marketing-roboticsaaaa-0d7420ed31d9/ja/articles/5858561-名刺データ取り込み-インポートの際にリストに改行が入ってしまっている場合一度に修正する方法はある

次のページで名刺データの情報とi:Salesの情報を紐付けます。

担当者・見込み顧客グループ・タグ・ランクの紐付けをこちらで行うことができます。

無視された情報がある場合、以下のマニュアルをご参考にしてください。

https://intercom.help/marketing-roboticsaaaa-0d7420ed31d9/ja/articles/5826796-名刺データ取り込み-名刺データのアップロード後-が無視されました-と表示されましたが-どうすればいいですか

これで名刺の一括取り込みが完了しました!

取り込んだ見込み顧客のリストが見たい時には、

「見込み顧客グループ」→「〇〇件の見込み顧客を見る」からご確認いただけます。

回答が見つかりましたか?