名刺データの取り込みが完了した際に、「◯が作成され、◯が統合され、◯が無視されました」と表示がされます。(◯の部分には実際には数字が入っています)

以下がそれぞれのi:Sales上での意味です。

作成:新規のメールアドレスが登録された件数

統合:i:Sales上に既に登録されているメールアドレスに情報が上書きされた件数

無視:データの不備で取り込むことができなかった件数

例:500件のリストを取り込んだ場合

400が作成され、90が統合され、10が無視されました。

このような表示の場合は「400件のアドレスが新規でi:Salesに見込み顧客として登録され、90件のアドレスは既にi:Sales上に存在していたため上書きされ、10件のアドレスはデータの不備で登録されなかった」ということになります。

★データが無視された時の対処法についてのマニュアルはこちら

回答が見つかりましたか?