名刺のインポートをする際にインポートができない要因の一つとして、

「セル内の改行」が挙げられます。

とはいえ、例えば1000行以上あるリストの中から改行を一つ一つ探して修正するのは大変ですので、本マニュアルではそういった場合に、一度で改行を修正する方法についてお伝えします。

  1. データをスプレットシートで作成している場合

  2. データをExcelで作成している場合

データをスプレットシートで作成している場合



スプレットシートの編集から「検索と置換」をクリックします

「検索」に正規表現で改行を意味する

\n

を入力し、「正規表現を使用した検索」にチェックを入れてください。

「すべて置換」のボタンを押すと該当する部分があった場合、改行がなくなり一行にまとまります。

データをExcelで作成している場合


「ホーム」タブ右端の「検索と選択」ボタンをクリックして「置換」を選択します。

検索する文字列の部分に[Ctrl]キーを押しながら[J]キーを押します。この[Ctrl]+[J]キーが改行コードを意味しています。

[Ctrl]+[J]キーを入力しても「検索する文字列」ボックスは何も変化しませんが、「置換後の文字列」ボックスも空欄のまま「すべて置換」ボタンをクリックします。そうすると、セル内の改行がすべて削除されて、データが1行で表示されます。

※以上の方法を用いたExcelでの置換作業はmacのPCでは行うことができませんのでご注意ください

回答が見つかりましたか?