見込み顧客項目(カスタムフィールド)とは、見込み顧客の情報を管理する項目のことです。

デフォルトの姓、名、Eメールアドレスや会社名などの項目以外に、見込み顧客項目をオリジナルで作成することができるので、自社の管理方法に合わせた項目を作成することが可能です。

このマニュアルでは見込み顧客項目(カスタムフィールド)の追加方法について説明しています。

① 左メニューの「設定」をクリック

②設定の中の「見込み顧客項目設定」をクリック

③下の緑色の「+新規」をクリック

④ラベル

作成するフィールド名になります。

⑤エイリアス

作成するフィールドの識別子です。(使用できるのは、半角英数字・ハイフン・アンダースコアのみ。)ここに何も設定せず空白で登録した場合は自動で識別子が設定されます。

⑥オブジェクト

作成するフィールドは見込み顧客項目にするか、会社情報項目とするか選択できます。

⑦グループ

作成するフィールドが、見込み顧客詳細画面で「基本情報」「ソーシャル」「パーソナル」「仕事」のどこに表示される項目にするかを選ぶことができます。※「基本情報」を選んだ場合、基本情報欄下の「カスタムフィールド」に表示がされます。

⑧データタイプ

作成するフィールドの形式にあわせたデータタイプを選択できます。型にあわない形式では入力を弾くことができるため入力データの統一ができます。

データタイプ

説明

テキスト

一行全角54字までのテキスト自由記載欄

Eメール

メールアドレス形式

URL

http://から始まるURL形式

タイムゾーン

タイムゾーン(標準時が同じ地域)リストから選択形式

(America/New_York、Asia/Bangkokなど)

テキストエリア

複数行でのテキスト自由記載欄

リスト-国

国名リストからの選択形式

(日本、United States、Singapore、China、Franceなど)

地域

日本の都道府県リストからの選択形式

(日本/北海道、日本/青森県など)

ロケール

ロケールとは使用する言語、標準時です。日本語・英語の中からの選択形式

数字形式(半角全角)

日付選択

西暦年月日形式

日にち/時間

西暦年月日と24時間制の分単位の時刻での形式

真偽値

「はい」「いいえ」の二択の選択形式

電話番号

電話番号記載欄

(但し、こちらのデータタイプは数字以外の入力も可能です)

複数選択

選択形式

(チェックボックスで複数選択可)

選択

選択形式

(一つのみ選択可)

選択もしくは複数選択を選んだ場合、オプションで選択肢を作成します。

「ラベル」は、フォームなどで入力時に選択肢として表示されるテキスト、

「値」は、フィールドに登録されるテキストを指しています。

選択肢の数はオプションの隣にある「値を追加」ボタンを押して増やすことができます。

⑨デフォルト値

作成するフィールドにデフォルトで入るデータを設定したい場合にはこちらにデフォルト値を入力してください。

作成したら「保存して閉じる」を押し完了です。

ぜひ、管理したい情報に合わせたデータタイプでカスタムフィールドを作成してみてください。

回答が見つかりましたか?