メンター・メンティー共通

メンター・メンティーとは

メンターは「師」でありメンティーは「弟子」のことを指します。

メンターは答えを教えるのではなく、メンティー自身が解決して

力をつけるために導く役割を担っています。

丁寧なコミュニケーションを心がけましょう

お金を払って契約をしてるとはいえ、人対人の対等な関係です。

お互いに横柄な態度や感情的になることは控えましょう。

MENTAでは対面ではなく文字を介してのコミュニケーションがほとんどです。

伝えたいことはしっかり文字に起こしてコミュニケーションを図ってください。

また送信前に誤解を招く表現や、本来意図しない意味や印象を与えないか、感情的にならないよう、チェックして送りましょう。

悪い例

良い例

メンター

禁止事項・禁止表現

以下の項目は禁止されています。

  1. 誤解を与える表現・誇張表現

  2. マルチ商法や無限連鎖講(ねずみ講)の勧誘などに関連するもの

  3. 詐欺等の犯罪を匂わせるもの

  4. 公序良俗に反するもの

  1. 誤解を与える表現・誇張表現の例

副業で必ず10万円稼がせます!

NG理由:手段が明確ではなく、収入の保証をするような表現を含むため。

わかりやすいプラン

サポート内容・対象者・メンタリングの方法を予め明記しましょう。

メンタリングサービスの提供範囲を明確に

未経験者であるほど、どこまで対応してくれるのかわからないものです。

提供可能なサービス・提供不可なサービスは予め明記しておきましょう。

悪い例

良い例

早めの返信

即時対応できないケースもあると思いますが、可能な範囲で早めの返信を心がけましょう。

当日中に対応が難しい場合は、返信ができる日を伝えましょう。

良い例

こまめな連絡

目的達成にむけて後ろからサポートするのがメンターの役割です。

質問を待つだけでなく、連絡して間が空いてしまったら、状況を確認してみましょう。

良い例

メンティー

契約の前に確認すること

契約を結ぶ前に、かならず相談したい内容とメンタリングの範囲を確認しましょう。

何に困っているのか、どういったサポートをしてもらえるのかを契約前に確認しておくことで、契約後もスムースにメンタリングを受けることができ、事前にトラブルを回避することもできます。

メンターは外注業者ではありません

メンターはあなたの仕事や課題を代わりに作業する業者ではありません。

質問に対して直接答えを教えるのではなく、答えにたどり着く方法を示すのが良いメンターです。

自身の努力なくして成長はありません。メンターはそのサポートを行います。

自分自身を成長させるために、メンターについてもらいましょう。

悪い例

良い例

回答が見つかりましたか?