電子契約の一番のメリットはコスト・業務時間の削減です。

印刷、製本、郵送の手間がなくなるだけでなく、オンライン契約ですと印紙も不要になりますので二重のコストメリットがあります。

また、印刷、製本、郵送に関する業務が削減されることで、業務効率化に大きく寄与することになります。


デメリットとしては、法律上、書面での締結が予想される契約が一部あることです(定期借地契約など)。

また、相手方が電子契約に消極的な場合、自社の判断だけでは電子契約を締結できない、という場合があります。 

こうしたメリット、デメリットを踏まえてご利用頂くことをおすすめいたします。

回答が見つかりましたか?