契約について、以下の押印パターンをテンプレートごと・契約書ごとに設定することができます。
・両者が押印する
・作成者側のみ押印する
・相手方のみ押印する
・両者とも押印しない
※電子契約では、押印がなくとも契約締結ができますので、押印の設定がなくとも法的に問題ございません。

▼押印パターンの設定方法
テンプレート登録時・契約書作成時に、表示される押印箇所の選択画面で、押印パターンを設定することができます。

▼押印箇所の複数設定について
押印設定は複数設定することができます。
押印箇所をドラッグし、押印したい箇所に置く作業を複数回行うことで、複数設定することができます。(複数の押印箇所に同じ押印内容が入力されます)

回答が見つかりましたか?