NINJA SIGNは2020年11月16日に契約締結フローを変更いたします。

契約締結フロー変更についてはこちら

▼背景

・今後の電子署名機能導入に伴い、紙で行われている契約業務と同じく、契約相手から返送された契約書の内容を確認したうえで、契約の締結を完了するフローに変更いたします。

▼変更点

・契約締結のタイミング

送信者が契約書の内容を確認し、「締結完了」の操作を行ったタイミングになります。

・契約ステータス

「要確認」ステータスが追加されます。

・署名・受領時の入力項目 【契約相手(受信者)】

署名・受領時の「印鑑」「姓」「名」項目への入力が必須になります。

変更後の契約書ステータスの遷移


▼APIの変更点

変更前

・作成中: draft

・確認待ち: in_progress

・締結完了: approved

変更後

・作成中: draft

・確認待ち: in_progress

・要確認: approved

・締結完了: concluded

上記の通り、

・今までの締結完了が approved => concleded に変更されます

・「要確認」というステータスが追加され、これが approved になります。

これにより、
今までNINJA SIGNからapprovedというステータスが返ってきたら締結完了という処理をしていたシステムを、
concleded が返ってきたら締結完了という処理をするようにAPIを利用しているユーザー様に修正していただく必要があります。

回答が見つかりましたか?