Azure AD SAMLの設定方法を説明します。

①「エンタープライズアプリケーション」をクリックします。

②「新しいアプリケーション」をクリックします。

③「独自のアプリケーションを作成」をクリックします。

④「ギャラリー以外のアプリケーション」をクリックします。

⑤「名前」に「NINJA SIGN」を入力し、「追加」をクリックします。

⑥「シングルサインオンの設定」をクリックします。

⑦「SAML」をクリックします。

⑧「フェデレーションメタデータ」をダウンロードします。

⑨NINJA SIGN側のIdプロバイダ(IdP)の設定をします。

⑩基本的なSAML構成の「編集」をクリックします。

⑪「識別子(エンティティID)」「応答URL」「サインオンURL」「ログアウトURL」にNINJA SIGN「外部IDに登録する情報」の内容を入力します。

⑫登録が完了しました。

⑬「ユーザーとグループ」をクリックします。

⑭「ユーザーの追加」をクリックします。

⑮「ユーザー」をクリックし、割り当てるユーザーを選択し、「選択」をクリックします。

⑯「割り当て」をクリックし、完了です。

回答が見つかりましたか?