相手方の複数承認(署名転送)について

契約書を送信した相手以外の承認が必要な場合、 契約書受信者(転送者)が契約書を転送し、転送された 契約相手(署名者)が契約書に署名・合意をするように設定することができます。

設定をすると、 契約書受信者(転送者)は署名・合意ができず、1度以上の契約書の転送が必須になります。

転送履歴は保持され、最終的に受領・署名をした人が署名者となります。

▼用語説明

受信者(転送者)=契約書を受信し、必要事項を記入し転送する方

署名者A=契約相手1人目

署名者B=契約相手2人目(最終契約相手)


設定操作方法

①契約書送信画面で「複数承認を必須にする」にチェックをします。

「複数承認を必須にする」にチェックをすると、契約相手(受信者)は1度以上の契約書の転送が必須になります。

②「送り先」へ署名者(契約相手)の全てのアドレスの入力をします。

※複数承認を設定する契約相手の送り先には、受信者(転送者)のアドレスを入力します。

<オプション設定>

・署名者への契約書の送信を一斉に送信する場合は「全員に一斉送信する」にチェックをします。

チェックをしない場合は設定した順に契約書が送信されます。

・自動リマインドメールを設定する場合は「有効期限をメールで通知する」にチェックを入れます。

必要に応じて「メッセージ」を入力し、「送信する」をクリックします。

③送り先・メッセージを確認し「送信」をクリックします。

④契約相手方に署名依頼メールが送信されます。

回答が見つかりましたか?