Slack連携でできること

1. アクティビティを通知できます

次の場合に通知されます。

  • 候補者が新規追加された時
  • 候補者の転職意向度が更新された時
  • 候補者の一緒に働きたい度が更新された時
  • 候補者にコメントがあった時
  • 候補者の採用活動に貢献(連絡や接触)の更新がされた時
  • 候補者の予定が作成された時

2. コメントにリアクションできます

Slack連携の手順

1. チーム設定から「Slack連携を設定」をクリック

メニューを表示し「チーム設定」をクリックします。

「連携を設定する」をクリックすれば、ログイン中のSlackワークスペースと連携するページへ移動します。

2. 通知先のチャンネルの選択と許可

※ Slackのワークスペースへのログインが必要です

通知先のチャンネルを選択し許可すれば連携完了です。

4. プライベートチャンネルに連携する場合

※ パブリックチャンネルへの連携の場合はこの手順は不要です。

Slack連携の通知先をプライベートチャンネルにした場合は、次のようなDMが飛んできます。

プライベートチャンネルへ Refcome Teamsを招待してください。

@Refcome Teams

とメンションすると以下のダイアログが表示されるので、チャンネルに招待するを選択します。

通知先のチャンネルにRefcome Teamsが追加されると招待完了です。

通知が届きましたね。
以上で、Slack連携は完了です!🎉
コメントの通知にはリアクションができるので、ぜひご活用ください!!

回答が見つかりましたか?