チェック結果ページにて証跡表示の対象とする記事を選択すると、最終判定、コメントの記載などを行うメニューが利用可能になります。

チェック結果ページから選択できる証跡表示の対象となる最大記事数は500件までとなります。

記載したコメントの保存は証跡表示時にのみ利用されます。

チェック条件(チェック実行日時、キーワード、対象期間・媒体など。詳しくはチェック条件設定についてを参照ください)とチェック結果をレポート形式にまとめることができます。

回答が見つかりましたか?