2月29日から日経リスク&コンプライアンスは、ダウ・ジョーンズ社が提供する「ダウ・ジョーンズ リスク&コンプライアンス」とのサービス連携を開始します。

ダウ・ジョーンズが提供する制裁対象者やOFAC50%ルール対象企業、公的地位を有する人物(PEPs)など、グローバルなリスク情報との照合により、マネーロンダリング規制やテロ資金供与対策、制裁コンプライアンス、海外贈賄規制、人権コンプライアンスなど、国内・海外法規制への対応が可能となります。

本サービス連携によるご利用料金の追加や変更はありません。ダウ・ジョーンズ社のリスク情報の利用に関して、利用規約の一部修正を実施します。

詳細はこちらをご参照ください。

回答が見つかりましたか?