使用可能です。

作成したロボットのワークフローはyaml形式のため、Gitでのバージョン管理が可能となっております。

回答が見つかりましたか?