Saleshubで成果を上げるにはサポーターさんとの信頼関係を築くことが欠かせません。そのために必要となるのが、事前打ち合わせとそのための準備です。

こちらのヘルプページでは事前打ち合わせの前に準備すべきポイントついてご説明します。

事前打ち合わせでやることについて知りたい方はこちら

事前打ち合わせの前にすること

  • サポーターさんのプロフィールを確認する

  • サポーターさんのつながりを確認し、リサーチする

  • サポーターさんが友人・知人にお声がけする際のスクリプトを作成する

サポーターさんのプロフィールを確認する

サポーターさんのプロフィールを確認し、経歴や自己PRをよく読むことで、サポーターさんが「どういった業界に身を置いていたのか」「どういった業務を得意とされていたのか」などが見えてきます。

サポーターさんをよく知ることでアイスブレイクに活きてくるなど、信頼関係の構築に大きく貢献します。事前打ち合わせの前に必ず行うようにしましょう。

サポーターさんのつながりを確認し、リサーチする

サポーターさんのプロフィールでは、どんな企業の方とつながりがあるかも確認できます。

サポーターさんがつながりのある企業についても、あらかじめ会社ホームページなどでリサーチの上「自社のターゲット層と合致しているか」「同業他社での導入事例はあるか」などを明らかにしておくと、その後のコミュニケーションが非常にスムーズになります。

ヒント:リサーチの際は、事業内容や採用情報、従業員数、事業所数などから、「自社ターゲットになり得るかどうか」を判断しましょう。また、これらの情報は具体的な提案の材料にもなります。

サポーターさんが友人・知人にお声がけする際のスクリプトを作成する

サポーターさんがお持ちのつながりの中でも、特にご紹介をお願いしたい企業があれば「お声がけのためのスクリプト」を準備しておきましょう。

こちらを用意しておくことでサポーターさんが友人・知人に声がけする際に「どうやって切り出すべきか」という点に悩まず、一気に紹介を行いやすくなります。

スクリプトがあるとないとでは、お声がけのハードルに大きな差が生まれますので、必ず作成するようにしましょう。

<お声がけスクリプトの例:Saleshubの場合>

◯◯さま、大変ご無沙汰しておりますが、お変わりございませんでしょうか?
今回のご連絡ですが、Saleshubという会社の事業責任者のXXXさんという方をご紹介したくご連絡しました!Saleshubという会社ですが、顧客を紹介してほしい企業と、幅広いつながりを持つビジネスパーソンをマッチングするプラットフォームを運営している企業です。
(企業URL:https://saleshub.jp)

実は今、こちらのお手伝いをしているのですが、VCから2.5億円ほど資金調達をし、上場を目指されている営業テックの注目の会社さんでもあります。
是非〇〇様にも提案をさせて欲しいとのことで、依頼を受けたのが経緯になります。
Saleshubから〇〇様に対して手数料をお支払いする形の協業のようで、是非一度お話を聞いていただきたいのですがいかがでしょうか?

回答が見つかりましたか?