対象

  • 全ユーザー

概要

各案件・アクションに対して、コメントをすることが可能です。また、チーム内の特定のメンバーに向かって話しかける(メンションする)こともできます。
チーム内のメンバーでアドバイスや情報共有をし合うことで、営業支援ツールとしての利用に加え、交流の場としてのSenses活用を行いましょう。

モバイルからの案件コメントはこちらをご参照ください。

目次

コメント機能を利用することのメリット

アクセス

 案件コメント

 アクションコメント

コメント通知先/メンション

コメント機能を利用することのメリット

  1. コミュニケーションが円滑になります。案件/アクションに直接コメントをするので、言及対象が明確になります。そのため、口頭コミュニケーションにおいて起こりがちな対象と目的が明確にならず共通認識が取れないなどの課題が解決されます。

  2. アドバイスが情報として蓄積されます。コメント内容が履歴として蓄積され、チームメンバー全員が参照できます。将来、類似案件が発生した際には、担当者がコメントの内容を含めて過去の情報を確認することができます。

 

アクセス

案件コメント

案件情報 > コメントタブ > コメントを入力し、投稿をクリック

アクションコメント

①該当のアクション > コメントをクリック > コメントを入力し、投稿をクリック

②アクション情報 > コメントを入力し、投稿をクリック

コメント通知先/メンション

コメントを入力した場合、アクション担当者として登録されているユーザー全員へ通知されます。

また、「@ユーザー名/@メールアドレス」を入力することで特定のユーザへのコメントや、アクション担当者以外のユーザに対してのコメント(メンション)が可能です。メンションをした場合は、メンションされた担当者およびアクション担当者へ通知されます。

※メンションは姓名の漢字、あるいはメールアドレスのアルファベット二文字以上より可能です。

※苗字が漢字一文字の場合には「@苗字(半角スペース)名前」とご入力ください

 例)姓:源 名:頼朝 → メンション「@源 頼」「@源 頼朝」

回答が見つかりましたか?