対象

  • 全ユーザー

概要

目次

活用目的

レポートの見方

レポートから得られる示唆

活用事例

ご参考

活用目的

優秀な営業パーソンの秘訣を明らかにしたり、自分とチーム平均の比較をすることができます。
アクション分析レポートは自社の営業組織に眠るナレッジを明らかにし、営業組織をより筋肉質にします。

レポートの見方

各フェーズにおいてどんなアクションをどのくらいしているのかを確認することができます。
また、担当者を絞り込むことで、アクションの実施状況を「自分」と「チーム平均」に分けて確認することができます。

グラフにカーソルを合わせた際に表示される数字の()内はフェーズを前進させたアクション数です。

レポートから得られる示唆

アクション分析レポートでは自分の実績とチーム平均の差を把握することができます。
自分の弱いとなるポイントを把握し、改善に努めるきっかけになります。
また、優秀な営業パーソンを分析してマネをすることでより効果的な営業活動の一助にもなります。
このような営業組織のコラボレーションを可能とするツールがアクション分析レポートです。

活用事例

普段自身の営業活動の振り返りをしているとき、アクション分析レポートを見ることで営業活動のさらに効果的にすることができます。
また、営業会議において「自社の優秀な営業パーソンはなにをしているのか」をメンバー間で共有しても良いかもしれません。
営業活動でPDCAを回す際のC(チェック)にあたる役割を果たすのがアクション分析レポートです。

ご参考

アクション分析レポートのご説明は、こちらをご確認ください。

回答が見つかりましたか?