対象

  • 全ユーザー

概要

目次

活用目的

レポートの見方

レポートから得られる示唆

活用事例

ご参考

活用目的

「各営業パーソンはどんな動きをしているのだろう?」「今週を振り返り、反省したいけど自分がなにをしたのか把握できていない・・・。」
そう感じたことはありませんか?
その悩みはアクション推移レポートで解決することができます。

レポートの見方

アクション推移レポートでは、「各営業パーソンがいままでどんなアクションをどのくらいしたのか」をひとめで確認することができます。
管理職の方にとっては、日報を見ずとも自身の営業チームメンバーがどのような活動をしているのかを一瞬で把握することが可能です。
メンバーの方も自分がいつどんなアクションをどの程度こなしているのか確認し、自分の営業活動のクセを発見することが可能です。

アクション推移レポートでは「いつにどのくらいアクションが行われたのか」をひと目で把握できます。

レポートから得られる示唆

現状までの行動量を可視化することで、今後の動きの指針を定めることができます
例えば、いままでよりアクション量が減っていればなにか抜けや漏れが発生しているのかもしれません。
そうなると必要に応じて案件のフォローができているかチェックしなくてはなりません。

また、アクションを可視化することで自分の営業活動のクセがわかります
例えば、面談が多い人であれば面談を電話にすることで更に時間短縮できる余地があるかもしれません。メールが少ない人はもう少し顧客のフォローに注力した方がいいのかもしれません。

活用事例

アクション推移レポートを使用して「各営業パーソンの行動の振り返り」をすることができます。
管理職の方は営業会議において営業パーソンがどのような動きをしていたのかを把握することは非常に重要です。
そういった営業会議において、各営業パーソンの動きを示してくれます。

また、現場の営業パーソンにとってもアクション推移レポートは重要な示唆を与えてくれます。
自分の行ったアクションをなんとなく把握している営業パーソンは少なくありません。
しかし、重要なのは自分の行ったアクションを定量的に可視化することです。
可視化することでPDCAを回すことが可能となります。
しかし、営業パーソンにとって可視化するための工数は非常に負担となるため、このアクション推移レポートを利用することでその悩みは数秒で解決できます。

ご参考

アクション推移レポートのご説明は、こちらをご確認ください。

回答が見つかりましたか?