対象

  • 全ユーザー

概要

Sensesからの情報を任意の対象に通知できる通知設定Intelligent Notice(インテリジェント ノーティス)設定の違いについてご案内します。

目次

1.通知対象

2.通知内容

 ①通知設定で通知できること

 ②Intelligent Notice設定で通知できること

 ③通知設定とIntelligent Notice設定のどちらでも通知できること

3.通知設定の使い分け

1.通知対象

Senses画面上

「通知」

メール

(自分宛のみ)

外部連携先
(Slack,Chatwork,Teamsなど)

通知設定

Intelligent Notice設定

どちらも自分自身に対して通知を送れる機能です。また、Intelligent Notice設定で

Slack,Chatwork,Teamsといった外部連携先を通知先とすることで、通知された情報をチーム内で共有することが可能となります。

※どちらの機能も自分以外のメンバーの設定を代行することはできません。

2.通知内容

①通知設定で通知できること

―対象:自分(自分に関わる案件、アクション、コメントが通知されます)

  • 担当アクションでのコメント受信/コメント内のメンション受信

  • 当日予定のアクション

  • 未完了アクション

  • アクションへの招待/担当の解除

  • 案件への招待

ー対象:ドメイン(自分が参加するドメイン全体での変更が通知されます)

  • チームメンバー参加/削除

  • 案件の最終フェーズ到達

②Intelligent Notice設定で通知できること

ー対象:設定可能(「誰の」案件、アクションが対象なのか設定できます)

  • 案件新規作成時、案件の特定項目の更新時、最終アクションから指定期間以上の経過時

  • 案件アクションの作成時、更新時、完了時

  • コンタクトアクションの作成時、更新時、完了時

ー対象:ドメイン(自分が参加するドメイン全体での変更が通知されます)

  • コンタクトの作成時、更新時、最終アクションから指定期間以上の経過時

  • 実行中フェーズ移行時(通知設定では最終フェーズ移行のみ通知可能です)

③通知設定とIntelligent Notice設定のどちらでも通知できること

  • 案件の最終フェーズ到達(Intelligent Noticeにて「案件-更新時-フェーズ:最終フェーズ」で通知可能)

※設定自体が別々になりますので、仮に通知「最終フェーズ」をOFF、Intelligent Notice「案件-更新時-フェーズ:最終フェーズ」で通知をONにしても、お互いの通知設定に影響は出ません。

3.通知設定の使い分け

自分への通知を見逃さないためには「通知設定」がおすすめです。

自分も含めほかのメンバーが何か行ったことを早く知りたいときは「Intelligent Notice」を活用することがおすすめです。

通知設定の詳細についてはこちら、Intelligent Notice設定の詳細についてはこちらをご参照ください。

回答が見つかりましたか?