対象

  • 全ユーザー

概要

Sensesは、見積書・請求書・納品書作成サービス会計freeeと連携し、取引先や案件情報、請求ステータスを相互に自動同期することが可能です。(事前に会計freee側での取引先登録が必要です

目次

同期される情報(Senses → 会計freee)

同期される情報(Senses ← 会計freee)

同期の仕組み

会計freee連携手順

会計freee連携を行うと以下の画面に機能が追加されます

 案件ページ

 案件一覧

よくあるご質問

同期される情報(Senses → 会計freee)

  • 案件情報

※案件情報に商品内訳データがない場合、商品名、契約金額が連携されます。
※案件情報に商品内訳データがある場合、商品内訳項目名、単価、個数が連携されます。

※概要には、案件ID、案件名が連携されます

※売上計上日には、契約予定日が連携されます

※勘定科目、税区分には、売上高、課税売上10%が自動でセットされます
※案件タイプを利用している場合、会計freeeに連携する案件タイプを選択することができます。

同期される情報(Senses ← 会計freee)

  • 請求書のステータス情報

※請求書タイトル、合計金額、期日、請求日、売上計上日、請求書ステータスが連携されます。

同期の仕組み

  • Sensesの案件情報ページから会計freeeへ連携を行うと、会計freeeに自動的に請求書が登録されます。

※権限設定機能>プロファイルをご利用の場合は、Sensesで「freee請求書の作成」権限を持つユーザーのみ、案件情報ページで会計freeeの請求書を作成できます。

※案件情報ページの会計freeeの取引先検索欄では、会計freeeの取引先を自動取得し、請求対象の取引先を選択できます。

※取引先選択後に表示されるダイアログで発行ボタンを押すと、会計freeeに請求書が発行されます。

  • Sensesの案件情報ページから、案件情報を会計freeeに再連携できます。

※連携される情報は、「同期される情報(Senses -> 会計freee)」の通りです

  • 会計freee請求書の請求書ステータスが自動または手動にてSensesに同期されます

※自動同期は1日1回、手動同期は案件情報ページまたは案件一覧でステータス更新を行うことでリアルタイムに同期されます

会計freee連携手順

  1. 会計freeeにてOauthアプリケーションを作成し、Client ID, Client Secret、認可コードを取得します。
    アプリケーションの作成、IDやコードの取得については、以下のマニュアルをご確認ください。
    https://developer.freee.co.jp/tutorials/starting-api

     https://app.secure.freee.co.jp/developers/tutorials/3

  2. 1の内容をSensesへ入力します。

    管理者設定>外部サービス連携>会計freee

  3. 会計freeeへ連携する案件タイプを選択します(案件タイプ機能を利用していない場合は、標準を選択してください)

  4. 登録ボタンをクリックします

会計freee連携を行うと以下の画面に機能が追加されます

案件ページ

  • 案件情報ページに請求書タブが表示されます。

  • 請求書タブで取引先を選択し発行ボタンをクリックすると、会計freeeに請求書が作成されます。

  • Noのリンクをクリックすると会計freeeの請求書が開きます。

案件一覧

  • 案件一覧の表示項目に「freee最新請求ステータス」が追加されます。

  • 検索条件の項目に「freee最新請求ステータス」が追加され、絞り込み検索が可能となります。

  • CSVダウンロードの項目に「freee最新請求ステータス」が追加され、ダウンロードが可能となります。

  • 「freee請求ステータス更新」ボタンをクリックすると、会計freeeに連携した全ての請求書のステータスが更新されます。

よくあるご質問

Q.freee連携の設定において正しい認証情報を入力してもエラーが発生します

freeeのアプリ設定で参照権限がないことが起因している可能性があります。freeeのアプリ設定で権限のチェックをすべてOFFにして保存後、クライアントID、クライアントシークレット、コードをsensesに設定してください。

回答が見つかりましたか?