対象

  • 全ユーザー

概要

Sensesのデフォルト設定では、ユーザーを削除しても、削除したユーザーおよび削除したユーザーが担当者として登録されている案件のデータは、検索条件絞り込みやレポートにおいて表示されます。

こちらの設定で、削除済みユーザーに紐づくデータを非表示にすることが可能です。

目次

アクセス方法

注意点

アクセス方法

メニュー > 管理者設定 > 表示設定

注意点

  • 本機能にて削除済みメンバーを非表示にすると、そのメンバーに紐付いていた案件は非表示になります。(検索でもヒットしなくなります。)

  • 本機能で削除済みメンバーを非表示にする場合には、事前に案件の担当者を現行メンバーに変更しておくことを推奨いたします。

回答が見つかりましたか?