対象

  • オプション(フォーム機能)契約者

概要

権限設定では、ユーザごとに参照できるデータや利用できる機能を制限できます。フォーム経由で取引先を新規登録する際にも、参照制限(取引先所有ロール)を設定することが可能です。また、フォームへのアクセス制限(プロファイル)も可能です。

フォーム機能で送信された情報で取引先情報のロールを更新する場合、次のパ ターンに分けることができます。

フォームで設定されている取引先ロールが既存取引先のロールより上位の場合

→ロールは更新され、参照範囲が狭くなります。

フォームで設定されている取引先ロールが既存取引先のロールより下位の場合

→ロールは更新されません。(ロール以外の取引先項目は更新されます。)

目次

アクセス方法

フォームと権限(ロール)の関係

 ロールとの関係

 取引先

 案件

 プロファイルとの関係

アクセス方法

メニュー > フォーム > 入力画面 > 取引先データ登録設定 > 権限設定

フォームと権限(ロール)の関係

ロールとの関係

フォーム機能では、フォーム自体にロールを指定することはできません。ただし、フォームの設定により、顧客が送信したフォームにより生成される取引先情報にロールを付与することが可能です。フォーム一覧ではロール権限の無いフォームについてはタイトル、メモ、ステータスのみ閲覧可能です。詳細情報の閲覧および編集はできません。

取引先

  • 取引先データ登録設定のロール権限で選択できるロールは、フォームを編集しているユーザーのロール権限、またはそれより下位のロール権限のみです。フォーム編集者より上位のロールは選択肢に表示されません。※すでに該当フォームに編集者より上位のロールが設定されていた場合、ロール権限は参照できません。

  • ロールを設定したフォームから取引先が新規で作成される場合:フォームで選択したロールにて取引先が作成されます。

案件

  • フォームで指定した案件タイプに応じて権限が付与されます。

プロファイルとの関係

プロファイルを設定することでフォーム機能にアクセスできるメンバーを制御することができます。

ただし、キャンペーン機能も利用している場合は、キャンペーンとフォームが連動で機能しているため、メニュー制限にてキャンペーン機能をONにすると、フォーム機能もONになります。フォーム機能のみをONにすることは可能です。

回答が見つかりましたか?