💡こんな企業におすすめ

  • 既存取引先の営業管理を行いたい企業

💡実現できること

  • 得意先に対しての活動量の可視化

  • 追加案件の進捗状況のリアルタイム共有

  • 顧客単位での案件、行動情報の一元管理

📝既存営業でSensesを使う際のデータ設計サンプル

案件タイプ機能をベースに、得意先への活動管理を行うタイプと、キャンペーンや新商品など追加提案を管理するタイプの2つを用意します。

📝新規案件管理設定例〜案件タイプ①得意先管理

メニュー>案件一覧

フェーズ機能を使った顧客ランク設定

フェーズの設定方法はコチラから

📝新規案件管理設定例〜案件タイプ②追加案件管理

メニュー>案件ボード

STEP1.営業フェーズ設定

フェーズの設定方法はコチラから

STEP2.商品の設定

案件ボード>案件詳細ページ

商品の設定方法はコチラから

商品内訳の設定方法はコチラから

STEP3.案件管理項目のカスタマイズ設定

案件ボード>案件詳細ページ

案件詳細項目の設定方法はコチラから

📝アクション(活動)管理設定例

案件ボード>案件詳細ページ>アクションタブ

アクション種別目的の設定方法はコチラから

※活動記録のフォーマット化や標準化を促進したいお客様は、アクションにテンプレートを設定することもできます。アクションテンプレートの設定方法はコチラから

📝顧客管理設定例

メニュー>取引先一覧>取引先詳細ページ

取引先詳細項目の設定方法はコチラから

より詳しい設定、運用について不明点があれば、是非画面右下のチャットよりお気軽にご相談ください💁

回答が見つかりましたか?