承認フローの承認者として設定されている場合、以下の操作が可能です。

1. Slack を起動し、StapleBot をクリックします。

Staple と Slack を連携する方法については、以下を参照してください。

Slack を設定する (ブラウザ版)

2. 自分の承認待ちの経費がある場合、StapleBot 上で以下のように承認待ちの経費の内容が表示されます。

※ 「承認」「却下」ボタンが表示されるのは、新規経費申請後の初回の通知のみとなります。この通知は新規に経費申請したおよそ 1時間後に表示されます。翌日以降は、件数のみの表示となります。

* 自分の承認待ちの経費が複数件ある場合は以下のように承認待ちの経費の内容が表示されます。

3. [承認]、[まとめて承認]、もしくは [却下]、[まとめて却下] をクリックすると、経費が承認、却下されます。

回答が見つかりましたか?