Sapleでは、通常の承認フローの申請に加え、条件に一致した経費の承認の際に承認不要として、承認のステップを飛ばすことができるようになりました。

例:チームが「役員」の場合は承認不要

・条件分岐フローでの設定が必要となります。

[設定] - [承認フロー] にて、[条件分岐フロー] を作成します。

承認ステップをスキップする際には、承認者を選択せず [承認フローをスキップ] をクリックします。

[承認フローをスキップ] をクリックすることで、条件に一致した経費は承認不要となります。

承認スキップされた経費は、申請時に自動承認され、「承認済み」ステータスとなります。

また、Stapleカードの利用履歴から申請された経費が承認スキップされた場合は、「処理済み」ステータスとなります。

詳細の設定については下記をご覧ください。

 承認フローを作成する(条件分岐フロー)

回答が見つかりましたか?