●選考前の人材へのアプローチ

Talentioでは選考に入る前の潜在的な候補者を管理することが出来ます。
このような選考前の候補者のことをタレントと呼びます。
タレントプールとは、この企業独自で形成するタレントを蓄積するデータベースを意味しています。

タレントプールの目的は必ずしも自社への志望度が高くはないタレント関して、

・継続的にコンタクトをとりたい
・状況を定期的にチェックしておきたい
・自社へ応募がされた場合に、そのまま選考フローに載せたい

といった要望を解消するためのものです。

●ユースケース

以下の様なケースを想定しています。

・社員から紹介されたまだ自社に応募していないタレント
 → 定期的にコンタクトを取って、タレントの状況や自社への志望度を把握したい

・採用活動以外で知り合って、その後継続的にコンタクトをとりたいタレント
 → 外部セミナー・営業活動など

・新卒採用時に知り合ったがその時は縁がなかった
 → 新卒採用時に得た情報を蓄積しておき、状況をアップデートし、2〜3年後に中途採用の候補者としてアプローチしたい

・アルムナイマネジメント
 → 以前働いていた人としてのデータを蓄積しておき、定期的に情報を更新したり、自社に新しいポジションが生まれた際にアプローチできるようにしておきたい

●タレントプールの活用イメージ

回答が見つかりましたか?