Slack連携の設定が完了したら通知テスト機能を使うことで、設定が成功しているかを確認することができます。

(※設定方法・詳細に関しては以下よりご確認ください)

●Slack連携通知テストの方法

画面右側の「通知テスト」のボタンを押下します。

通知が成功すると・・・
画面右上に 「説明」の通知が成功しました と表示されます。

Slack連携がうまくできていない場合は・・・
画面右上に 「説明」の通知が失敗しました と表示されます

テスト通知が成功しない場合は、以下の事項をご確認の上再度設定し直してください。

●注意点 

Slack通知は必ずSlackの管理権限ユーザーが発行するWebhook URLが必要のため、以下の注意が必要です。

・通知先のチャンネルにWebhook URLを発行したユーザーが必ず含まれている必要がある

(※Webhook URLの発行者が含まれていないと通知が来ません)

・Webhook URL発行者のSlackがDisableになるとWebhook URLが無効になり、通知がこなくなる

(※退職等でSlackがDisableになる場合は、新しい担当者がWebhook URLを発行し、設定する必要があります)

回答が見つかりましたか?