概要

LINE WORKS(API2.0)とYoomを連携する方法(マイアプリ登録方法)とボットの作成方法をご紹介します。

マイアプリ登録手順

LINE WORKSのDeveloper Consoleへ管理者権限のアカウントでログインを行なってください。

ログイン後、「アプリの新規追加」から新規アプリの作成を開始します。

アプリ情報にはそれぞれ下記のように登録を行なってください。

アプリ名:Yoom

アプリの説明:任意の説明文を記載してください。

Redirect URL:https://yoom.fun/settings/my_apps/oauth_callback

       ※入力後、「追加」を選択する必要があるのでご注意ください。

OAuth Scopes:「bot」「bot.read」を選択

その後、保存ボタンをクリックし、設定を保存します。

表示される「Client ID」と「Client Secret」の値をコピーし、Yoomのマイアプリ登録画面を開き、「Client ID」と「Client Secret」を入力します。

以上で、YoomとLINE WORKSの連携が完了します🎉

ボットの作成方法

YoomでLINE WORKSにメッセージを送るにはボットを作成する必要があります。

Developer Consoleサイドメニューの「Bot」をクリックし、「登録」から作成を行います。

Bot登録画面では下記のようにご設定ください。

Bot名:Yoom

説明:任意の説明テキストを記載してください。

API Interface:API2.0

Callback URL:Off

トークルームへの招待:チェックを入れてください。

主担当:任意のユーザーを指定してください。

その後、保存ボタンを押して、登録を完了します。

その後、作成したボットを公開する必要があるため、通常のLINE WORKSの画面を開き、右上の人物アイコンから「管理者画面」を選択し、管理者画面のボットメニューを開きます。

「Bot追加」ボタンを押すと、先程作成したボットが表示されるため、「追加」リンクをクリックします。

追加後にボットの一覧ページで、「Bot No」が確認できます。

こちらの「Bot No」はYoomでLINE WORKSのアプリ連携オペレーションを設定する際に「Bot ID」として必要となるため、コピーしておきましょう。

以上で、LINE WORKSのボット作成が完了です🎉

回答が見つかりましたか?