2020年7月15日(水曜日)にリリースする機能は下記4点です。

今週のリリースに関するご感想をぜひ下記フォームよりお聞かせください。


1.病名検索時、すべての傷病名において完全一致する病名が検索結果の最上部に表示されるよう修正

6月10日(水)のリリースにて、「病名検索時に完全一致する病名が検索結果の最上部に表示されるよう変更」しましたが、「糖尿病」や「貧血」など一部の病名では完全一致する病名が存在しても最上部に表示されない不具合が生じていました。
本改修にて全ての病名において完全一致する病名が検索結果の最上部に表示されるよう修正しました。

 
 

2.「公害保険登録時」や「災害該当の主保険登録時」の保険者番号入力が必須ではなくなるよう修正

患者様が公害医療手帳を持参された場合は「保険証情報」に保険者番号は空白にして「975 公害保険」を登録する必要があります。また、災害により一部負担金が「支払猶予」「免除」の患者様で主保険の保険者番号が不明な場合は「保険証情報」に保険者番号を空白にして登録する必要があります。


これまではCLINICSカルテ上での「保険者番号」入力が必須であるため、都度弊社にご連絡いただきORCAでの登録が必要となっておりました。

本改修にて、下記パターンの場合は「保険者番号」入力の必須要件が外れ、医療機関様にて保険証情報を登録することができるよう修正いたします。

・「保険の種類」項目が「975 公害保険」となっている場合

・「保険の種類」項目の右側にある「災害該当」チェックボックスにチェックが入っている場合

各シチュエーションにおける具体的な対応方法は下記ヘルプページよりご確認ください。

公害医療手帳を持参された場合の対応について
災害による一部負担金「支払猶予」「免除」患者の入力方法

[例:災害該当チェックボックス]

・保険証を持っておらず保険情報が確認できない場合は「災害該当」チェックボックスにチェックを入れると、保険者番号の入力が不要になります。

 
 

3.「診察開始」ボタンを押したら当該カルテに作られたすべてのタブで事前編集モードが解除されるよう修正

複数のカルテタブを作成したカルテにおいて「診察開始」ボタンをクリックした場合、これまでは先頭のタブのみ「事前編集モード」の表示が消えて、他のタブでは「事前編集モード」の表示が消えないという不具合が生じていました。
本改修にて「診察開始」ボタンをクリックした際、当該診察の全てのカルテタブの「事前編集モード」の表示が消えるように修正します。

 


 

4.検査項目管理画面のデザインを変更

カルテの「設定」>「検査項目」のデザインを下記の通り変更します。

[改修後の検査項目管理画面]

・「検査項目管理」タブは「手入力設定」タブに名称を変更します
・「検査項目を追加」ボタンが上部に移動します

[改修後の検査項目追加画面]
・項目を選択してから「登録」ボタンを押して追加する形に変更します

以上になります。

回答が見つかりましたか?