2020年9月9日(水曜日)にリリースする機能は下記2点です。

今週のリリースに関するご感想をぜひ下記フォームよりお聞かせください。

 

1.「年月日」の入力が可能なコメントコードにおいて、「年月」を入力した際の2号用紙および診察履歴の表記を修正

これまで、「年月日」の入力が可能なコメントコード、例えば、「遠隔モニタリング加算(持呼)前回算定年月」に「令和2年(2020)7月」と入力した際に、2号用紙および診察履歴に「2020年07月00日」と適切でない日にちが表記されていましたが、本改修にて、正しい年月「2020年07月」が表記されるよう修正いたします。

【リリース前】
・2号用紙:遠隔モニタリング加算(持呼)前回算定年月が「2020年07月00日」と適切でない日にちが表記される

・診察履歴:遠隔モニタリング加算(持呼)前回算定年月が「2020年07月00日」と適切でない日にちが表記される

【リリース後】
・2号用紙:遠隔モニタリング加算(持呼)前回算定年月が「2020年07月」と適切な表記がされる

・診察履歴:遠隔モニタリング加算(持呼)前回算定年月が「2020年07月」と適切な表記がされる


※なお、「遠隔モニタリング加算(持呼)前回算定年月」のように「年月」を入力するコメントコードに「日」の入力エリアが表示されている件につきましては、別途調査中でございます。現状は”yy年mm月”のみ入力いただくようご留意ください(下記画像の通り「日」の入力は行わないようお願いします)。

以下は、労災・自賠責保険の診察を実施されている医療機関様対象のリリースとなります。

 

2.同日に健康保険と、労災保険もしくは自賠責保険で診察料を算定することができるよう修正

これまで、同日に複数の保険で診察料を算定する場合(例:1回目来院時に健康保険にて再診料を算定後、2回目来院時に労災保険で初診料を算定する場合)、会計画面にて「すでに当日診察料を算定しています。同日再診へ変更して下さい。」とエラーが表示され会計が完了できない事象が発生しておりました。

本改修にて、当該エラーを「警告」に変更し、「警告を無視する」をクリックすることで会計完了まで進めるよう修正いたします。

合わせまして労災・自賠責マニュアルを更新しております。会計時の操作方法につきましては、「労災・自賠責マニュアル(Ver.2.1)」P15、32をご参照ください。


*ヘルプページ更新のお知らせ*

以下のヘルプページを更新しております。必要時ご確認ください。
【カルテ】カルテに入力できない文字の種類
更新内容:「﨑」や「惠」など一部使用可能な旧字体がある旨追記


以上になります。

回答が見つかりましたか?