2020年12月25日(金曜日)にリリースする機能は下記1点です。

リリースに関するご感想をぜひ下記フォームよりお聞かせください。

1.「カルテ未登録」の予約患者の患者情報登録時の画面追加およびデザイン修正

本改修にて、受付一覧で「カルテ未登録」と表示される”CLINICSアプリからの初回予約患者”、”CLINICS予約患者”、”院内からの仮予約患者”の患者情報登録時において、「登録中の患者情報」と「統合先の患者情報」が比較しやすくなるよう、

「類似患者の確認」画面のデザイン修正および画面追加を行います。

■「類似患者の確認」画面① デザイン修正

【リリース前】

「類似患者の候補一覧」のみ表示がされておりました。

【リリース後】

「登録中の患者情報」を追加表示し、「類似患者の候補一覧」と一覧で比較できるよう修正いたします。また、「類似患者の候補一覧」に年齢、カルテ番号情報を追加いたします。

既存患者を登録する場合、「類似患者の候補一覧」から該当の患者を選択し「次へ」をクリックすると次画面で「登録中の患者」と「選択した類似患者」の基本情報の比較結果を確認できます。

■「類似患者の確認」画面② 画面追加

【リリース前】

 −
【リリース後】

当該画面を追加いたします。

「登録中の患者」と「統合先の患者」(前画面で選択した類似患者)の基本情報を比較し、「同一」もしくは「異なる」いずれかの比較結果を表示します。

「統合先の患者」に間違いがないことを確認の上、「患者統合へ進む」をクリックし、患者統合を行います。

「【カルテ】「カルテ未登録」と表示される予約患者の患者登録をする」を更新しておりますのでご参照ください。

*お知らせ* 

ORCA更新に伴いカルテの操作方法に変更が生じる点をご案内いたします。

1.「乳幼児感染予防策加算」のマスタ変更に伴う会計の回し直しについて

12月25日(金)のORCAマスタ更新に伴い、12月24日(木)までに「乳幼児感染予防策加算(初診料・診療報酬上臨時的取扱)」を既に入力している会計において、会計の回し直しが必要となります。

会計の回し直しを行わなかった場合、レセプトで点数誤りになる可能性がございますのでご注意ください。

※「乳幼児感染予防策加算(再診料・外来診療料・診療報酬上臨時的取扱)」、

「乳幼児感染予防策加算(小児科外来診療料等・診療報酬上臨時的取扱)」を既に入力されている会計においては会計の回し直しは不要です。

■具体的操作内容

医療機関様のオーダー入力方法によって操作内容が異なります。

※項目名称は変更ありませんが、項目のプログラムに変更が生じているため必要な操作となります。

(1)会計画面で「乳幼児感染予防策加算(初診料・診療報酬上臨時的取扱)」を入力された場合

会計の修正画面にて、「請求へ」をクリックし改めて会計を完了させます。

(2)カルテ画面で「乳幼児感染予防策加算(初診料・診療報酬上臨時的取扱)」を入力された場合

会計の修正画面にて、「カルテ内容を反映」>「請求へ」をクリックし改めて会計を完了させます。

また、12月17日(木)時点ではレセプト対応が行われておりませんでしたが、本更新にてレセプトに正しく記載されるよう修正されます。

「乳幼児感染予防策加算(初診料・診療報酬上臨時的取扱)」を既に入力している患者の抽出につきましては、【カルテ】乳幼児感染予防策加算の入力方法・照会をご参照ください。


2.「SARS−CoV−2・インフルエンザ核酸同時検出」と「小児科外来診療料」など検査を包括する管理料を算定される場合の入力方法の変更について

12月9日(水)のリリース以降、「SARS−CoV−2・インフルエンザ核酸同時検出」と「小児科外来診療料」など検査を包括する管理料を算定する場合、カルテ画面で検査判断料に対し「出来高算定(剤)」を入力する必要がある旨ご案内しておりましたが、本更新にて、カルテ画面で「出来高算定(剤)」は入力不要となり、「SARS−CoV−2・インフルエンザ核酸同時検出」の検査判断料はレセプトに出来高算定で反映されるよう修正されます。

【カルテ画面】(2 医保)
「SARS−CoV−2・インフルエンザ核酸同時検出」とコメント追加より「実日数算定」を入力します。

【レセプト】

「SARS−CoV−2・インフルエンザ核酸同時検出(検査委託)」の検査判断料が出来高算定でレセプトへ反映されます。

※入力方法の詳細は【カルテ】新型コロナ関係の公費を登録する・カルテ入力方法と注意点をご確認ください。

以上になります。

回答が見つかりましたか?