2022年10月19日(水)にリリースする機能は下記4点です。

今週のカルテリリースに関するご感想をぜひ下記フォームよりお聞かせください。

1.患者統合を行う際の確認項目を追加

患者統合時に誤って新規患者登録を実施してしまった等のお問合せをいただいておりましたが、患者統合誤りを未前に防ぐため、下記のように手順変更を行います。

 【リリース後】

 ・類似患者の候補一覧に統合すべき患者が表示されている場合(すでにカルテIDがある患者)は、該当の患者を選択後に「同一人物であることを確認し、次へ進む。」を選択し、「次へ」ボタンをクリックして統合処理を実施してください。

 ・類似患者の候補一覧に統合すべき患者が表示されていない場合(カルテIDがない患者)は、「該当の候補がないため、患者の新規登録を行う」を選択し、「患者を新規登録」ボタンをクリックして患者の新規登録を実施してください。

(ヘルプページ)

  【カルテ】「カルテ未登録」と表示される予約患者の患者登録をする

2.公費の他一部負担金額入力画面の修正

これまで公費の他一部負担金額入力にて「外来」・「入院」区分の選択がございましたが、区分選択を削除いたします。

これにより、区分を選択することなく他一部負担金額がすべて「外来」区分として登録されます。

【リリース前】

【リリース後】

(ヘルプページ)

  【カルテ】公費を登録する

3.Web問診の回答項目に緊急連絡先の続柄を追加 (「CLINICS問診」をご契約いただいている医療機関様にてご確認いただけます)

回答項目に「緊急連絡先」を表示・必須としている場合、これまでは緊急連絡先のみでしたが、緊急連絡先の続柄も併せて入力できるように修正いたします。

 <Web問診管理画面>

 【リリース後】

 <患者問診記入画面>

4.Web問診の案内文内のURLを自動でリンクになるよう修正 (「CLINICS問診」をご契約いただいている医療機関様にてご確認いただけます)

Web問診の案内文にURLを記載されますと、URLが自動でリンクになり、リンク先に遷移できるよう修正いたします。

以上になります。

回答が見つかりましたか?